2014年 12月 01日
鈴鹿サーキット
日曜日に鈴鹿サーキットで鈴鹿サンデーオートバイレースの最終戦を観戦してきました。

久しぶりのバイクレースの観戦とあって高揚した気持ちを抑えきれず朝8時前にサーキットに到着。
ゲート前にはキャノン・ニコンのフラッグシップ機と大砲を持つ人が目をギラギラさせてゲートが開くのを待っており、
そんな中SONYと安物レンズを肩から下げているとどんどんと肩身が狭くなって行くのを感じました(笑)

そして8時半にゲートがオープン。真っ先にヘアピンに向かいました。
c0119618_19374523.jpg


9時にST600R(Revival)のレースが開始。
c0119618_193826.jpg


ヘアピンの進入で転倒。
c0119618_19381924.jpg


ヘアピン先のシケインにて
c0119618_1938371.jpg


その後スプーンコーナーまで足をのばし、またヘアピンに戻って
INT/NAT J-GP3を観戦。
ゼッケン26番は女性ライダーで確か3位表彰台を獲得した猛者。
1位は元世界GPライダーの宇井陽一選手で、たった10周のレースをピットスタートから追い上げて勝ったのには驚きました!
c0119618_19385713.jpg


ここでもアクシデント
ゼッケン3番の選手はマーシャルが押して押し掛けをするもエンジンに火は入らずヘアピン内側にマシンを寄せてリタイヤ。
めちゃくちゃ悔しそうにしていました。
c0119618_19394054.jpg


さらに戻って最終コーナーの上からCBR250Rドリームカップのスタート
c0119618_1943074.jpg


ダンロップコーナー、逆バンクを経てS字コーナーでINT JSB1000のレース
迫力の1000ccクラスのマシンを流し撮りばかり練習しました。
ここは比較的観戦エリアからコーナーまで近いのですが300ミリズームにα7の全画素超解像ズーム×2.0で換算600ミリでこの画角です。
率直にさらなる望遠が欲しくなりました。
写真の方はというとAFは全く追従しませんので置きピンで単発撮りしましたが100枚近くはその場で削除しましたorz
c0119618_19435714.jpg
c0119618_1944234.jpg


さらに移動して1コーナーと2コーナーの中間のスタンドよりNAT JSB1000のレースです。
スタート直後。 40~50代のライダーがたくさん頑張って走っていました。
c0119618_19443022.jpg


その後メインスタンド前に戻り同時に開催されていたモリワキ祭りへ。
レースマシンの展示と
c0119618_19454539.jpg
c0119618_19455040.jpg


レジェンドライダーのトークショーがありました。
左からケビン・シュワンツ、ワイン・ガードナー、グレーム・クロスビー選手。
c0119618_1946996.jpg


未だにガードナーレプリカのヘルメットを大事に使っている私としましては
シュワンツ選手のように8耐でレースに復活して欲しいものです^^




α7
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870
LA-EA4+APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

α55
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

NEX-5N
E16mm F2.8 SEL16F28 + VCL-ECF1 FISHEYE CONVERTER

[PR]

by zero-fact | 2014-12-01 19:54 | SUZUKA


<< ストック水槽を弄りました      60H(45)水槽のレイアウト変更 >>