2007年 05月 12日
ソイルと化粧砂の仕切り
前記事のキューバパールの水槽の上からの写真で、
ブライトサンドとの境界線がキッチリしてるなぁ・・・と、お気づきになった鋭い方は
いらっしゃいましたでしょうか。
「そんな細かいとこ見てないで~ 全然気にならんかったで~ 」
というお言葉が聞こえてきそうです・・・・(汗)
 
ということで、本日はネタばらし。

化粧砂とソイルの仕切りは、ちゃんとしておかないと、ソイルが流出して、メンテが大変に
なります。 AJではよくリシアやモスを巻いた溶岩石を仕切りに使っていますが、
私は以前にも登場したコイツを使います。
c0119618_8284769.jpg

それをソイルより高くなるように切って、境界線にぐさりと突き刺すだけ。
最初からされる方は少し高めに作って、底床を敷いてから余った高さの分を切ればいいと思います。(ただ、切り口が鋭利なのでケガには注意してください)
こんな感じです。
c0119618_8171391.jpg

最近、ソイルがオーバーフローしてきて化粧砂が汚れています・・・orz
この透明シートの高さを目安にしてキューバパールのトリミングをしていますが、
さぼってました(汗)
私の場合左右方向で仕切っているから、それほど目立たないけど、これを一般的な、
前後方向で仕切ったら激しく目だつでしょうね。
でも、小石でなどでしっかり仕切っても少しずつ間からソイルが流出してくるような方には、
小石の裏側にコイツをセットしてやれば完璧ですよ。
フニャフニャと柔らかいのでいろんな曲線・形状に仕切れるので便利です。
横着したい方はどうぞ・・・・

ただ、最初は透明で目だちにくいですが、茶ゴケ・髭コケで結構醜い姿に変貌しますけどね。
[PR]

by ZERO-FACT | 2007-05-12 08:27 | アイテム


<< バトンタッチ      初期のキューバ岬 >>