<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 29日
今年のビオトープ
昨年とはそれほど変わっていません。
春先に冬場に枯れたフトイの葉をカットしてメダカを10匹入れました。
c0119618_21524662.jpg


同時に今年のコンテストで使ったフレイムモスをどっさりと沈めています。
水中と同じように真っ直ぐに上へと伸びていますね。
c0119618_2153738.jpg
c0119618_21531153.jpg


有茎草は昨年に放り込んだ佗び草有茎草MIXが越冬して新芽を伸ばし始めています。



NEX-5N  30mm F2.8 EX DN
[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-29 21:59 | ビオトープ
2013年 05月 25日
思い切ってバッサリと
レグラスF900L水槽の水上部分がかなり厚みを増してきましたので
スパティフィラムとポリゴナムをカットしました。

カット前
c0119618_5504879.jpg


カット後
スパティフィラムの後で隠れて見えなかった流木と久しぶりのご対面w
c0119618_5513475.jpg


水中部分がとても明るくなりました。
c0119618_5512846.jpg




α350   DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28
NEX-5N  30mm F2.8 EX DN

[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-25 05:53 | レグラスF900L水槽
2013年 05月 22日
石から流木へ
以前に買って飾ってあった流木
これを水中で使いたくて前のレイアウトから大きな石をふたつ取り出して
空いた空間に小石を適当に散らばせ、その上に流木を置いてみました。

と同時に出窓に置いていたキューブグラス20Cも解体したので
そこからヤマサキカズラ付き流木をこの水槽の後方に移しました。
まだ流木が浮くので重石を載せて強制的に沈めています。

c0119618_21324437.jpg


横から 
ヤマサキカズラの根っこにはミクロソリウム・ナローリーフがたくさん活着していたので
そのまま後景で使えます。

c0119618_21325273.jpg


他の流木を3本入れたので流木の色が違いますが細かいことは気にしないことでw


NEX-5N 30mm F2.8 EX DN
[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-22 21:34 | ADA60H(45)
2013年 05月 19日
水草工房FINさん
かなり久しぶりになりますが水草工房FINさんへ行ってきました。

c0119618_21411387.jpg


ネイチャーアクアリウムに特化したとても綺麗なお店で、見ているとあれもこれも欲しくなります^^
c0119618_21412920.jpg
c0119618_21414081.jpg
c0119618_21414248.jpg


アクアジャーナルにも掲載されているコンテスト出品の2m40cm水槽も見てきました。
180cm水槽でも大きいのに2m40cm水槽ともなるともの凄い迫力!
素材選びから管理まで大変だと思いますが、水も澄み切っていて広い空間を魚がとても気持ち良さそうに泳いでいる姿が印象的でした。
この水槽はすでに2月にプロカメラマンの笹生氏が撮影を完了されているそうです。
(コンテスト作品ですので写真は撮っていません)

お買い物の方は天野氏の写真集『美しき新潟 未来への記録』と香港水草レイアウト軍団『CAU』の写真集と水草を少々。
c0119618_2142554.jpg


両写真集を見るとモチベーションがかなりアップしますよ^^



NEX-5N   E16mm F2.8 SEL16F28 + VCL-ECU1 ULTRA WIDE CONVERTER
α55    DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28

[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-19 21:46 | おでかけ
2013年 05月 16日
いつもの山
前記事の石をお借りした山です。
この時期はなんといっても新緑が美しいですね。
c0119618_19244230.jpg
c0119618_19244857.jpg


お気に入りの場所から
新緑が山を駆け上がる姿が見れました。
c0119618_1925312.jpg
c0119618_19251480.jpg


ご覧のように山頂はまだ冬の面影を残しています。
c0119618_19252936.jpg


いい天気でした。 ここでお弁当を食べたら美味しいでしょうね。
c0119618_1926693.jpg



α55  APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
α350  SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
NEX-5N E16mm F2.8 SEL16F28 + VCL-ECU1 ULTRA WIDE CONVERTER

[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-16 19:27 | おでかけ
2013年 05月 13日
石を借りにいつもの山へ
久しぶりにいつもの山へ行き2個ほど石をお借りしてきました。

帰ってすぐにさらっと水洗いをしてから傷が目立つアクリルケースにブライトサンドを敷いて組んでみました。
お借りしたのはメインの大きな石と左手前の小さな石の2個で、右前の石は万天石や深山石を砕いたものです。
c0119618_17134592.jpg


なんといってもこの親石の表情に惚れてしまいましたw
c0119618_17141623.jpg
c0119618_17142669.jpg


ナイフエッジの稜線が続きます。
c0119618_17143928.jpg
c0119618_17145133.jpg


コケも活着していました^^
c0119618_1715121.jpg


この状態でしばらく飾っておこうと思います。


α55  DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28
NEX-5N E18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855

[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-13 17:17 | 水上遊び
2013年 05月 10日
玄武洞公園
160万年前の火山活動で流出したマグマが冷え固まる時に
規則正しい綺麗な割れ目(柱状節理)ができたもので、国の天然記念物に指定されています。

またここは磁場が逆転するパワースポットとしても知られています。

玄武洞
c0119618_731874.jpg
c0119618_7311710.jpg
c0119618_7311794.jpg


玄武洞よりも隣の青龍洞の方が見ごたえがありました。
c0119618_7315925.jpg
c0119618_732031.jpg


北朱雀洞 落石の恐れがあるのでこれ以上は入れません
こちらはマグマの末端部だそうです。
c0119618_7322257.jpg


レイアウター目線で見てきましたがさすがにこの柱状節理は造れませんねw
c0119618_7323490.jpg



α55   APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM
NEX-5N  E16mm F2.8 SEL16F28 + VCL-ECU1 ULTRA WIDE CONVERTER

[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-10 07:34 | おでかけ
2013年 05月 06日
老犬と海
海に行くと流木が気になってしょうがないw

c0119618_955930.jpg




α55  APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM
[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-06 09:10 | おでかけ
2013年 05月 04日
レグラスF900L水槽のポリゴナム
水上化したポリゴナムの勢いが止まりませんw

手前は吊り下げたアクシーツインを避けて上に。
後方は2灯式の照明と壁の隙間から上に。
c0119618_1874155.jpg


左側面がやや暗いのでスドーのカノーバを設置しました。
c0119618_1875252.jpg


現在は水槽のガラス上面から65cmに達し、すでに身長を越されていますw
c0119618_1883523.jpg




NEX-5N  E18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855
[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-04 18:09 | レグラスF900L水槽
2013年 05月 02日
トリミングのその後
20日ほど前にトリミングした60H(45)水槽です。


まだソイルが見えていた右後方はグロッソで埋め尽くされ、トリミングした前面あたりは
小ぶりな新しい葉っぱが育ってきました。

c0119618_7233167.jpg



NEX-5N  E18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855
[PR]

by ZERO-FACT | 2013-05-02 07:27 | ADA60H(45)