人気ブログランキング |
2019年 06月 13日
鈴鹿サンデーロードレース第2戦
昨年と同じく8時半よりJP250の4時間耐久レースが始まりました。
c0119618_18325883.jpg


S字と逆バンクで観戦。
c0119618_18331552.jpg

c0119618_18332348.jpg


転倒したマシンがコース上に残った為セーフティカーが入りました。
c0119618_18334168.jpg


レース開始から1時間半が経過した頃に東コースのS字付近で雨が振り出し、
雨が降っていますよ!というレッドクロスの旗が振られます。
c0119618_18341060.jpg


その後は本降りとなり難しいコンディションのレースが続きましたが、
優勝したのはゼッケン43番「TEAM TEC2+GOSHI Racing」の片山 千彩都・笠井 杏樹の女性ライダーのペアが
見事ポール to ウィンを飾りました。DRYでもWETでも安定した速さが光りました。
c0119618_18343122.jpg


この後はずっと雨のため午後のレースはホスピタリティテラスで観戦。

8耐トライアウト JSB1000
決勝レースで上位14位までが鈴鹿8耐にエントリー資格が与えられます。

今話題のドカティ・パニガーレV4 R!
ダウンフォースを生み出すドライカーボン製ウィングを装備しています。
c0119618_18411226.jpg


優勝したのは2番手スタートのこのドカティ・パニガーレV4 Rを駆る「Team de"LIGHT 1」の奥田 貴哉選手でした。
c0119618_18352396.jpg


応援していた「DOG HOUSE」の岩谷 圭太選手は今回は8耐の切符を手にすることができませんでした。
c0119618_18355876.jpg

c0119618_183658.jpg


雨が少し弱くなってきたので最終コーナーで鈴鹿インターJSB1000を観戦。
日立オートモティブシステムズシケインから最終コーナーへ。
c0119618_18371137.jpg


今回は600mmのレンズを手放したため300mmでの撮影でした。
しかし300mmでは不足ですのでカメラの全画素超解像ズームを使って最高で2.0倍までズームできます。
上記写真もいろんな倍率で全画素超解像ズームを使用していますが、わかりやすい被写体でお見せしますと、
↓300mm(フルサイズ換算450mm)
c0119618_18374344.jpg


↓全画素超解像ズーム2.0倍 600mm(フルサイズ換算900mm)
c0119618_1838221.jpg


ということで、なかなかの威力がありますね(笑)




α77Ⅱ
70-300mm F4.5-5.6 G SSM II SAL70300G2
















# by zero-fact | 2019-06-13 18:46 | SUZUKA
2019年 06月 07日
今度は90㎝水槽でブラックウォーター
素材を右からぎゅーっと左方向へ寄せてレイアウトを変更。
大きくなったクリプトやボルビティスを取り出してブラックウォーターに。
そして新たにコロンビアレッドフィン・テトラを10匹お迎えしました。

c0119618_20575562.jpg


水上部分にはスパティフィラムとシダを追加。

c0119618_2058865.jpg



ぼーっと魚たちを眺める時間が楽しみとなりました。



α7Ⅲ
FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G
















# by zero-fact | 2019-06-07 20:58 | レグラスF900L水槽
2019年 06月 05日
オークロ爆殖
南向きの日当たりの良い出窓に移動させたら
シダが調子を落とした代わりにオーストラリアンドワーフヒドロコティレが猛烈に成長!
壁を這うツタ植物のように出窓を占拠されそうなのでこの後撤去してベランダ行きとなりましたw
c0119618_6593042.jpg




α7Ⅲ
FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G
















# by zero-fact | 2019-06-05 06:59 | 水上遊び
2019年 05月 31日
ストック水槽
久しぶりに水換えをしたのでUPしますw

c0119618_173497.jpg

c0119618_1735545.jpg



α7Ⅲ
FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

















# by zero-fact | 2019-05-31 17:05 | ADA60P(3)